新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けたガイドライン周知徹底のお願い

2020/07/30 インフォ

新型コロナウイルス感染症については、現在、新規感染者数の増加が見られ、社会経済活動を維持しつつ、適切な感染防止策に早急に取り組む必要があるところです。
特に、飲食店において、多数のクラスターが発生していることから、2020年7月28日、「飲食店等におけるクラスター発生防止のための総合的取組」が内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室から公表されたところです。

「飲食店等におけるクラスター発生防止のための総合的取組」には、クラスターなど感染者が発生し、感染経路の追跡が困難な場合には、感染拡大防止の観点から店舗名を公表する扱いとなっており、当該公表において関係者の同意が必要なものではないこととともに、ガイドラインに掲載しているような感染防止策が適切に講じられていなかったことが感染の要因であると考えられるときは、その旨を公表して感染防止策の徹底を促すと記載がされております。

会員の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた業種別ガイドラインの周知徹底等について既にご対応いただいているところと存じますが、今一度、ガイドラインの遵守を周知徹底して頂きますよう、お願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインはこちら>>